【しまった!】サイズが大きいパンプスの調整方法・裏ワザ

今の時期、セールでお買い得アイテムが多く色々と買いたくなりますよね!
ただ「パンプス」をセールで買ったとき、実際に履いたら合わなかった…なんて経験をしたことはありませんか?

中にはセールのアイテムは返品ができなかったり、一度外で履いた後に気付いて靴擦れになってしまったり…履けないパンプスは下駄箱にしまいっ放しということも。

今回はサイズが大きいパンプスを買ったときのサイズ調整の方法やちょっとした裏ワザをご紹介します♪ぜひ参考にしてみてください。


■目次■

● 全体的に緩いときは「中敷き」で調整

● かかとのパカパカには「かかと専用パット」

● 絶対脱げたくないときは「ストラップ」を後付け

● 応急処置!出先でどうしても調整したいときは「ティッシュ」

● ピッタリの靴を見つけるおすすめ機能

● 全16サイズ、3つの足幅から選べるパンプスが登場!

 

  全体的に緩いときは「中敷き」で調整

パンプスでサイズが大きいとき、一番使うのが「中敷き」。中でもつま先~土踏まずあたりまでだけに入れる「半敷(はんじき)」タイプが最もベーシックなインソールです。

ちなみにパンプスは「ミリ」単位でサイズを調整するので「1mm~3mm」の中敷きが一般的には販売されています。ただどのサイズを合わせればいいか迷いますよね…

▼1mm


▼3mm

1mmと3mmの厚みの差、分かりますでしょうか?
「たかが1,2mm」と思うかもしれませんが、かなりフィット感が変わりますので、できれば店頭でお試しになってから購入されるのがおすすめです◎

個人的に使用した感想でいうと、

●ちょっとぶかぶかするくらいであれば1mm
●1サイズくらい変えたいという時には3mm

を選べばちょうどいいかなと思います。(それくらいサイズ感に違いがあります)

▲記事の最初へもどる

  ジェルタイプは洗えるものが多い

 

素材の種類があるのですが、一般的には「ジェルタイプ」をよく見かけます。ジェルタイプは水で洗えるものが多いので、汚れが気になる方におすすめです◎

▼入れるとこんな感じ

さらにフィット感もあるので、足が前に滑ることも防止してくれます。厚みやサイズのバリエーションも豊富なので、初めて中敷きを購入される方にはジェルタイプをお勧めです♪

  ウレタンタイプはインソールとなじみやすい



「ウレタンタイプ」は色が黒やベージュが多いのでパンプス本体のインソールと色が馴染みやすいことが多いです。つまり「目立ちにくい」です!
外出先でちょっと靴を脱いだりするときに気になる方は生地タイプをお勧めします。

▼入れるとこんな感じ


ジェルタイプと違って足の裏をピタっと動かなくするよりかは、表面が生地っぽいのでさらさらとしています。ピタっと感はあまり出したくないけどパンプスのフィット感は出したい…という方におすすめです。

▲記事の最初へもどる

  かかとのパカパカには「かかと専用パット」

全体のフィット感を中敷きで調整できても、「かかとが細い方」はかかとがパカパカ抜けてしまうことも多いと思います。そこでおすすめなのが、かかとに貼る専用のパットがあります。

▼入れるとこんな感じ(クッション裏にテープがあります)

かかとの面に柔らかいクッションが当たるので、かかとがパカパカ抜けてしまう方はもちろん、靴擦れしてしまう方も痛みを軽減することができます。

足幅がキツい方は、中敷きを入れて足長がフィットしても足幅もキツく感じてしまうことがあると思います。その際には中敷きよりも「かかと専用パット」を使用する方がおすすめです◎

  絶対脱げたくないときは「ストラップ」を後付け

最近では普通のプレーンパンプスに後から装着できる「ストラップ」だけ販売しています。色付きのものから透明のタイプまでさまざまなデザインがあるので、「絶対に脱げたくない」というときは靴と足をしっかり固定してくれる「ストラップ」を後から装着することをおすすめします◎ 

▲記事の最初へもどる

  応急処置!出先でどうしても調整したいときは「ティッシュ」

パンプスを履いて出かけた後、出かける前は問題なかったのにどうしてもサイズが大きくて歩きづらかったり、足に力が入りすぎて疲れてしまったりすることってありますよね。さらに中敷きやクッションを買う時間がないときはさらに絶望的な気持ちになりますよね…

そんなとき、一時的な手段としてつま先にティッシュを丸めて詰めると一時的にサイズが調整出来て楽になることもあります。

▼入れてみるとこんな感じ

「つま先部分のスペース」をティッシュで一時的に埋めているので、パンプスの中の空間が少し狭くなり、入れないよりかはサイズがフィットする感じが出ると思います◎

ですが、この方法はあくまで一時的な応急処置になりますので、後で中敷きやクッションなどを使ってきちんとサイズ調整をすることが必須になります。


▲記事の最初へもどる

  ピッタリの靴を見つけるおすすめ機能

いかがでしたか?

ここまで、サイズが大きいパンプスの調整方法とちょっとした裏ワザをご紹介してきました!ぜひ大きいサイズのパンプスを買ってしまったときには参考にしていただけたらと思います。



ですが…そもそもピッタリな靴を見つけていればこのような調整も不要ですよね。。といっても、なかなかお店でたくさん試着がしづらい今、ネットを使うことも多いと思います。でも、試着ができないのでサイズ感で失敗することも少なくないですよね。

そこで今回は最後に、おうちに居ながらもネットで簡単に自分の足に合う靴選びができるパンプス通販サイト、my IDEAL(マイイデアル)のサービスをご紹介します。

  足のタイプ診断

 ●たった6問の質問であなたの「足のタイプ」を診断
 ●"あなたに合いそうなサイズ感のパンプス"をおすすめ
 ●「無理そう」と思って避けていたパンプスが実は履けるかも

➡あなたの足は何タイプ?足のタイプ診断はこちらから

  MYパンプス登録

 ●お持ちのパンプスを登録すると、似ている形のパンプスをおすすめ
 ●ブランド、デザイン横断で合いそうなパンプスを提案
 ●気になるパンプスのきつさ・ゆるさが分かる

➡さっそくやってみよう!MYパンプス登録はこちらから

迷ったらぜひこの2つの機能を使ってみてください♪ 

 
▲記事の最初へもどる

  全16サイズ、3つの足幅から選べるパンプスが登場!

もう一つ、最後にご紹介したいのがこちらの「PLUS IDEAL(プラスイデアル)」。

足長サイズだけでなく、足幅サイズも選べるので自分にぴったりなサイズがきっとみつかります。
先ほどのように、どんなサイズを選べばいいか分からない方や、なかなか合う靴がない方に是非お勧めしたいブランドです。

◇ 特徴 ◇

足長:19.5cm~27.0cm
【POINT】左右サイズ違いで選べる

足囲:A~4E相当 
【POINT】「スリム」「ノーマル」「ワイド」3つから選べる

*ご注文後、2-3週間でご自宅にお届けします

どれを買ったらいいか不安な方も安心!
オーダーガイドで5つの質問に答えると、あなたにぴったりなサイズをご提案します♪

≫わたしサイズが見つかるセミオーダーパンプス【PLUS IDEAL】はこちら

また、セミオーダーパンプスのご紹介ブログもありますのでぜひチェックしてみてください。

📝【こんなの待ってた!】左右サイズ違い・足幅が選べる!セミオーダーパンプスが登場

📝【セミオーダーパンプス】my IDEALスタッフの商品試着レポご紹介!

 

■■ About us ■■
【パンプス通販/オンラインショップ my IDEAL】
わたしの足に、たくさんの選択肢を。

「かわいいけど、足に合わないんだろうな」
「パンプスって実際に履かないと分からない」
「合わなかったとき、返品が面倒…」

わたしたちは、そんなパンプス選びのストレスをなくすためのオンラインショップです。
➡パンプス通販/オンラインショップ my IDEALはこちら

 

▲記事の最初へもどる

 

▼ほかにもこんな記事がおすすめ▼

👠【合わないのは足サイズの左右差が原因?】靴選びポイントとちょっとしたコツ

👠左右サイズ違い・足幅が選べる!セミオーダーパンプスが登場

👠【セミオーダーパンプス】my IDEALスタッフの商品試着レポご紹介!

 

メールマガジン登録はこちら

Shop now